• Home 総量規制対象のローンを利用したときの体験談

総量規制対象のローンを利用したときの体験談

総量規制対象と言うのは貸金業者のカードローンなどに対する規制で、簡単に言えば年収の3分の1未満しかお金を借りることが出来ない金融業者の事を総量規制対象と呼んでいます。
5万借りる場合などは大丈夫なのですが、
総量規制対象となった場合、自分の年収の3分の1以内までしかお金を借りる事が出来ないわけですが、お金が足りなくてピンチを迎えた時に利用したかったので、総量規制が対象になっていても、なっていなくても自分自身はそれほど関係がありませんでしたが、どうしても年収の3分の1を超えるお金を借りたいと言った場合には銀行などのような総量規制対象外となる金融機関でお金を借りる必要が在ります。

尚、自分が消費者金融を選んだ理由と言うのは、審査が緩めでありながらも、大手の消費者金融はバックに銀行と言う母体が在り、安心感を持ちますし、大手の消費者金融などの場合は知名度も高いですし、金利も従来の消費者金融と比べると低いので、お金を借りた時の返済も楽に行えると言う事が解ったからなのです。

また、ネットで申し込みをすればお店に行かなくても契約を完了させることが出来ますし、消費者金融は顧客獲得のためのお得なサービスを行っていたことも選んだ理由の一つです。

初めて利用する人は、30日間利用限度額に関係なく無利息になるプラン、利用限度額の一部が180日間無利息になるプランの何れかを選べるようになっており、自分の場合は、180日間の中で無利息になるプランを選んで契約を交わしました。